ハワイ島マクウマーケットに行って手にいれたもの

ロコに大人気のファーマーズマーケットに行ってみました

こんにちはファーマーズマーケット大好きノコノコです。
またまた久しぶりの投稿ですが気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。

先日、日曜日に地元民に大人気のマクウファーマーズマーケット(以下マクウFM)に行ってきました。以前から色々な人からマクウFMがすごくいいよと言われたいたので気になってはいたのですが、なんせヒロサイド(片道2時間半)にあるものですから、なかなか重い腰が上がらず行けていなかったのですが、ついに行ってみることになったので買ったもの等レポート。

その日はハリケーンが近づきつつもまだまだ離れていたのが幸いなことに、雨が多いヒロサイドの雲を吹き飛ばしてくれたのかすこぶる快晴でした。
天気予報はかるくチェックしていかれるといいかもしれません。雨の多い東側ですが、その分晴れた日は緑がキラキラして本当にきれいです。

ヒロ市内の公園
緑が濃くて元気そうなパームツリー

ハワイ島にはたくさんのFMがありますが、コナサイドはより観光で来る方をターゲットにした印象があります。現地で取れた野菜等よりも自家製ジャムなど加工品が多い印象。 ヒロのFMはどちらかというとより地元民向け。野菜だとか総菜などが手に入ります。

ここマクウマーケットでは美味しいものが食べられると聞いていたのでお腹を空かせていきました。旦那も私も空腹限界・・・
入場料$2を払い急いで食べ物屋台へ

タイ料理、メキシカン、生パスタ、ガーリックシュリンプ・・・
アジアの屋台の雰囲気を醸しだしています。

私たちが選んだのは何料理というべきかわからないですが、東南アジア料理と言うべきでしょうか。4種選んで$9のプレートを選択。

迷ってたら豪快に味見させてくれました

チャオファン(日本のきし麺みたいなもの)の炒めものに、グリーンスイートチリの炒め物、わらびの炒め物、鶏の鉄板焼きをチョイス。

炒め物多め・・・ ペロッと食べましたが

移民が多いハワイ島は日本、フィリピン、メキシコなど食文化でも所々にその影を残しています。わらびをとっても”warabi”で通じてしまいます。上手くその国の文化がハワイに溶け込んだ感じを味わえるのもハワイ島の魅力だと私は思っています。

ハワイのわらびですが、ハワイ島ワイピオ渓谷、アカカフォールのエリアではよくとれると聞きます。
以前ハワイアンと同居していたことがあるのですが、彼はオアフ島に住んでいてるおばあ様にお土産として持って行っていたそうです。オアフ島ではなかなか手に入らないとか。

こちらのわらびは灰汁が少いので下処理の必要がないと。ノコノコはさっと湯がいて使います。 日本のものとは種類が違ってかなり大きくそだちます。そして歯ごたえがいいの。こちらではポケ売り場でもよく見かけます。絶対日本人好みの味なので見つけたら試してみてください。

こちらが買ったわらび。$3でこの量
みりんボトルと比べて分かるように大きい

あとは、ここのFMの特色じゃないかと思うのが、いたるところに蘭を売るブースがあることです。吸い寄せられるようにお店に入ってしまいました。親近感わくお顔の日系のおじちゃまのお店。

蘭を眺めているとだんだん欲しくなる・・・
けど蘭は難しいしなと躊躇しながらうろうろ してると
「他じゃ考えられないくらい安いよ。1個$5だよ」 とおじちゃまからの鶴の一声

購入してしまいました

日本ではあまり見かけない蘭なので調べてみると 洋ランのカタセタム グラマトフィラム という種類 だそう。花付け根にタケノコの様なものが5個着いていて5年物ということも判明しました。

$5だから気軽に育てるのか、5年ものだから緊張持って育てるか表裏一体。 ハワイの天候を味方につけ上手く育ってほしい ものです。

ハワイならではの思わぬ楽しみを持ち帰れたファーマーズマーケットでした。

コメントを残す